2018年 05月 14日
ココちゃんが病気に(ー_ー)!!(涙)
覚え書

ココちゃんが病気に・・・・・まだ6才5ケ月一番元気な年齢なのに

11日(金)の夜突然の下痢
その後ベットにピョンと飛び上がれなくなって・・・・・エッどうしたのココちゃん????

12日(土)の朝一番で動物病院へ


そういえばここ数日食欲なかったなぁ? 
肥満気味なのでいつも主食はロイヤルカナンの満服感サポート(ダイエット食)におやつを少々
混ぜてあげていました
このおやつがなかったので市販のフードを混ぜてあげていたので気に入らなかったのかな?
時々柔らかいウ〇チの時もあったのですが食欲がないのはフードが変わったからだと思っていました


病院に出かける前に少し体重減っているかな?と思って体重測ってみるとビックリ20日前より
400グラムも増えている????アレーーー

20日前にワクチン接種に行き体重を測ってもらいちょうどいいですよ~と言われたばかりだったので・・・・・
体重5.5kg

先生に診ていただきすべてを話すと

『おかぁさん ココアちゃんお腹に水が溜まっていますよ~~』 エッ~~~(>_<)絶句
やはり体重は400g増えていました 5,9kg
レントゲン写真見るとお水がいっぱいで腸が働かないので下痢になるようです
血液検査をしてみないとわからないのでちょっとお預かりするので4時にお迎えに来て下さいと・・・・


4時にお迎えに行くと血液検査結果が出ていて
一項目づつ丁寧に説明してくださいました
白血球の値が高いこと  コレステロール・総蛋白・アルブミン・グロブリンすべて低いこと

まだ腹水と尿の検査結果が出ないと確実な病名は出ないが
蛋白漏出性腸炎の疑いが濃いと、、、、、

蛋白漏出性腸症とは
腸管から多量の蛋白が漏れ出てしまうことによって、血液中のタンパク質が少なくなる低蛋白血症となる
病気で原因も様々で、性別や年齢を問わず発症します

症状
症状として慢性的な下痢が見られることが多いですが、見られないこともあります。
その他栄養が十分吸収されないため、体重減少や元気消失、嘔吐、脱水がみられます。
また、低蛋白血症のために血液中に水分を保持する力が低下し、浮腫や腹水の症状が起こります。


今は抗生物質のお蔭ですぐ下痢は収まりましたがやはり元気はないです
食事もちゃんととれています
夜はいつも私の布団の足元の方で眠っていたのにベットに上がろうとするのですが
ジャンプできなく諦めて仕方なくベットの下でお気に入りの毛布で眠っている姿 切なくて愛おしくて(涙 涙)


潜在的に持っているとか遺伝性の病気などは大体7才ぐらいから発症し始めるようです


今まで元気一杯いたずらっ子だったためココちゃんが病気と聞いただけで母さんは動揺してしまって
娘や孫にラインしまくり・・・・・


今日 明日のうちに検査結果が出て病名も分かり治療方針も決まると思うのですが
これからは病気との闘いの日々になりそう

ココちゃん 病気に負けないで頑張ろうね

a0256349_18131576.jpg

[PR]

by higateru33 | 2018-05-14 09:16 | ココアちゃん |TOPに戻る


<< ココアちゃん その後      庭の花 ④ >>